御徒町について


今回は、(株)エーワ 東京本社がある御徒町についてご紹介致します。
御徒町のある台東区エリアは、モノづくりの街と知られております。
その中でも゛御徒町~蔵前~浅草橋界隈゛は、現在『徒蔵(カチクラ)』とも言われており、モノづくりが盛んな地域になります。
台東区エリアには昔から多くの熟練した職人が住んでおりましたが、
近年では若手クリエイターが集まる場所としても注目を集めているエリアでもあります。

そんな魅力あふれる街、御徒町を是非知ってほしいと思います。

モノづくりの街ならではのクリエイティブな施設を紹介していくワン!


2K540 AKI-OKA  ARTISAN
 (ニーケーゴーヨンマル アキ・オカ アルチザン)

秋葉原から御徒町の間にある線路の高架下にある、”ものづくり”をテーマとした
クリエイティブなショップ・アトリエ・カフェなどが入った商業施設になります。
ショップとアトリエがひとつになったお店や、職人やデザイナーによる
お洒落で個性溢れる商品が販売されているお店が並んでいます。

この施設の名前の由来には、意味が込められています。
『2K540』…東京駅から2キロ54メートル(2k540m)付近にあること。
『AKI-OKA』…秋葉原と御徒町の中間にあること。
『ARTISAN』…フランス語で職人を意味する。

名前の由来もデザイン性が感じられますね。

施設内の詳しいお店の情報はホームページをご覧ください。
→ こちらをクリック《2K540  AKI-OKA  ARTISAN》



こちらは外観になります。
施設部分には、道路沿いから等間隔に設置された旗が見えるので、
高架下のどの場所にあるのか分かりやすくなっています。

高架下に施設がズラーっと続いているワン!


こちらは施設内になります。
高架下とは思えない、白を基調としたお洒落な施設となっています。

高架下が素敵な空間になっているね~!


こちらは施設入口にある看板になります。
高架下にあるというだけあって、看板が駅看板に見立ててあります。

高架下ならではの駅をイメージしている看板も魅力的だワン!


台東デザイナーズビレッジ

新御徒町駅より徒歩1分のところにある、
ファッションやデザイン関連のデザイナー・クリエイターの起業を支援する
施設になります。
この施設は『徒蔵(カチクラ)』エリアにあり、
廃校となった旧小島小学校の校舎を改築して、台東区が設立しました。
改築はしておりますが、外観はもちろんのこと、学校内や教室の面影は残ったまま
教室をアトリエとして使用出来るようにリノベーションしてあります。
ここでは様々なジャンルのクリエイターが入居しており、
入居したクリエイターは入居期間の三年間の間、教室をアトリエやオフィスとして
使用する事が出来ます。

施設内の詳細はホームページをご覧ください。
→こちらをクリック《台東デザイナーズビレッジ》

普段、一般の方は施設内に入る事は出来ませんが、
年一回※『モノマチ』の開催期間のみ一般の方も入る事が出来ます。

※『モノマチ』…台東区南部エリアを散策しながら、町とモノづくりの魅力に
触れる事の出来るイベント。

イベントの詳細はホームページをご覧ください。
→こちらをクリック《モノマチ》



こちらは正面からみた外観になります。
施設名の看板は、デザイナーズならではのお洒落なロゴ看板になっています。

まるで本物の学校みたいだワン !


こちらは裏からみた外観になります。
学校の面影が、そのまま残っているのが分かりますね。

教室がアトリエとなった空間、一度見てみたいな~!

※『モノマチ』に行ってみようワン!


今回は、2箇所のクリエイティブな施設をご紹介致しました。
台東区エリアには他にもアートセンスの光るお店やギャラリーがあり、
モノづくりの街を感じる事が出来ます。
機会がありましたら、他にも御徒町周辺の魅力などをご紹介していきたいと思います。

  ARCHIVE  
NEXT >
ページトップへ戻る