UVインクジェット印刷について

今回はUVインクジェットについてお話しするワン!

UVインクジェット印刷とは

UVインクジェット印刷とは、印刷の対象物にUVインクを噴射して、紫外線を照射することで硬化させる印刷方法です。CMYKの数値を設定することでカラーを選択できるため、多種多様なカラー展開が可能となります。

乾燥の時間が必要ないから、連続して印刷ができるワン!

印刷データについて

版下は必要なく、画像データによる印刷であるため、小ロットで価格を抑えたいときに最適です。写真の様なフルカラーデザインからグラデーションなどの繊細な表現が可能です。

フルカラー展開・パターン模様

グラデーション

サンプル印刷例①

サンプル印刷例②

細かい印刷が綺麗に仕上がるから、デザインの幅が広がるね~

素材について

白の下地をのせてから印刷することによって、模様がある素材や濃い色の素材の上でも色移りの心配がありません。アクリルのような透明な素材を活かして透け感を出す場合は下地無しの印刷がおすすめです。

黒色PU

透明アクリル

金属

UVインクジェット印刷は様々な素材に対応できるため、紙、木材、布、合皮、アクリル、金属などの素材の印刷が可能です。耐摩性や耐久性に優れている一方で硬度があることで「背割れ」の現象が起こることがあります。紙などの印刷の場合、紙の折り目からひび割れてしまう恐れがあります。

箱の場合なら完成されている状態で、平らな面に印刷すれば「背割れ」を防げるワン!

今回は「UVインクジェット印刷」をご紹介致しましたが、お客様のご要望に合わせた印刷方法やデザインをご提案致します。これまでの記事に「箔押し」と「シルク印刷」のご紹介をさせていただいていますので、併せてご覧くださいませ。

ご相談・ご要望は以下よりお問い合わせください。

>お問い合わせ

  ARCHIVE  
ページトップへ戻る